« 桃唄309 | メイン | あひるなんちゃら »

2007年11月30日

●異人の唄

新国立劇場中劇場にて「異人の唄」を観劇しました。

かつて仕事の現場でご一緒した石本興司さんや、
サッカリンサーカスで何度かご一緒した酒井和哉くんがご出演。
広い舞台をひたすら激しく動き回っていました。

昔、自分がこの舞台に立ったとき、慣れない広さに爽快さと大変さを同時に感じたものでした。
酒井くんも同じようなことを思っているかもしれないなあと思いながら観てました。

井手茂太さんの振り付けは相変わらず面白いし、
一面砂浜のような舞台も独特の雰囲気があるお芝居でした。

12/2(日)までやってます。ご興味のある方は是非。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mattsun.jp/blog/mt-tb.cgi/178

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)