« 5月です | メイン | 毒を吐かずにいられない2 »

2009年5月15日

●毒を吐かずにいられない

しっかしつまんねえなあ、今年のセ・リーグは。
クルーン抜きで6連勝するチームになんか勝てるわけないよ(笑)。


広島に関しては、こどもの日の時点で借金1でとどまったんですから
基本的には上出来だとは思いますよ。
その後予定通り着々と借金を増やし続けていますが
ある意味「カープは鯉の季節まで」のセオリー通りということなので、
よくもなく悪くもなくという感じだと思いますよ、基本的には。

でも、現在リーグトップの防御率3.00という奇跡を起こしている投手陣を見るに、
今年は近年まれに見る上位進出の大チャンス、だったはずなのです。

しかしながら攻撃陣がそれを上回る絶望的な貧打状態で、
投手陣の頑張りがこのまま報われない状態が続けば、
いずれは気持ちが切れて落ちていくことでしょう。そうなったとしても仕方ない。

今日の試合開始時のスタメンの打率

(二) 東出 輝裕….287
(中) 赤松 真人….250
(遊) 梵 英心….208
(一) 栗原 健太….308
(三) シーボル….226
(左) 嶋 重宣….205
(右) 廣瀬 純….100
(捕) 倉 義和….200
(投) 青木 高広….250

いくらなんでもこれはひどいだろ(笑)。
ピッチャーの打率が9人中上から3番目ってどういうことよ(笑)。

個人的には、とにかくシーボルを使い続ける意味がわかりません。
去年以上に守備でも足を引っ張りまくる上
(ゴロも捕れねえ挟殺もできねえ)、
得点圏打率.160、打ってもシングルヒットの選手に
ブラウン監督はこれ以上何を頼り、期待してるんでしょうか。
こんなのが3番や5番に居座っている限り点なんか取れるわけないって(笑)。

だいたい後からマクレーンとか獲って慣れないレフト守らせるんだったら
最初からアレックス解雇すんなって(笑)。


その昔、80年代にも絶望的な貧打の時期がありましたが、
それよりも確実にひどいし、何より見てても全然面白くないです。

アラフォーのカープファンなら知らない人はいないと思いますが、
その当時、ランスという外国人選手がいまして、
これがずっと.200前後の低打率の人だったんですが、
何試合かに1回とんでもないミラクルな場面でホームランを打ったりして、
この人がホームラン打つと笑いまで起きるという、稀有な存在でした。
ファンにはそれなりに愛されていたように思います。

今、見渡してもそういうキャラの立った選手もいないしなあ。

そろいもそろって「変化球に泳がされて打ち損ね」も、
もう見慣れたし見飽きました。打撃コーチは何やってんだ?
もうすぐ交流戦だよ?
ただでさえ初対戦には弱いのにパ・リーグの投手なんか打てるわけないよ。

ヒットが出ない上に送りバントもできねえ走塁ミスは減らねえ、
かつて流行してた「ケースバッティング」はどこいった?
守りでも記録に残らないやつ含めて勝負所でのエラーは減らねえ、
もう勝たなくてもいいので、せめて自滅しない野球を見たいものです。

新球場効果でお客さんが入るのなんか今年だけだよ?
こんなつまんない野球続けてたら夏休み明けには市民球場時代に逆戻りですよ。
広島は他に比べて人口少ないんだから。一周するのも早いよ。

全く、凡打してもヘラヘラ笑いやがって。悔しくないのかよ?
いや、石井琢朗選手のブログとか見てると悔しさは伝わってきますが、
テレビの画面越しに漂ってくる全体的な戦意の薄さはなんだ?


ああ、ああ、背番号1がいないことがこんなにもツラいなんて。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mattsun.jp/blog/mt-tb.cgi/268

コメント

どうも、genです。久しぶりに書き込みます。広島生まれ、カープ一筋で生きてきたアラフォーです。長いことAクラスから遠ざかっているとは言え、それなりにいい選手もいていい試合をしてくれることもあったのに、今年はほんと、ひどいです。この打撃陣、どうにかならないのかな・・・金本の活躍を見ると、本当に悔しいです。いつかカープも復活してほしいね!!

>gen様

ごぶさたしてます、元気ですか?
いや今年は本当にひどいねえ〜。
今日も打てなかったねえ〜(笑)。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)