« ヒグラシが | メイン | 今年もまた »

2009年7月 5日

●観劇はしご

一日に2本観るのなんていつ以来だろう…。

昼は、東京パチプロデュース「バンサラ!」@江古田ストアハウス。

学生劇団時代、別劇団で同期だった枝見衣利子さんがご出演。
最初は所作指導でついたのが、流れで出演ということになったとのこと。

今は日本舞踊のお師匠さんで、踊りの舞台にはたびたび立っているものの
こういった小劇場の舞台に役者として立つのは14年ぶり、
というのがなんかの間違いじゃないのと思えるような落ち着きぶりでした。
これを機会にこっちも併行してやってけばよいのに。

芝居のほうも、元気をもらえる感じ(怪談がベースですが)で楽しかったです。

このストアハウス、今まで何度となく観劇しただけでなく、
2度ほど立たせていただいた劇場なのですが、7月末で閉館になります。
当日パンフに折り込まれていたチラシに、その実情が書いてありました。

TOPS同様、なじみのある劇場がこうやって少しずつ減っていくのは寂しいもんです。
ベタな言い方で恐縮ですが、思い出が消えていくようで。


さて、夜は、ルミネtheよしもとにて井之上チャル氏ご出演の「はし」を観劇。

トラブルで本編開始が30分押したにも関わらず
前説(役)の方がその間を頑張って持たせたのはさすが笑いの力というか、
最後まで楽しく観られました。

チャルの芝居見たの何年ぶりだろう。
彼が大阪に拠点を再び移して以降初めてじゃなかったか。

基本的には何にも変わっていないけど、
ああ、でも強いて言えばジムで鍛えたという胸板がやたら厚くなっていました。
どんだけ鍛えとんねん、と。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mattsun.jp/blog/mt-tb.cgi/291

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)