« 大きいのとか小さいのとか | メイン | 北の国から »

2009年7月22日

●前半戦、終了

今日は一日曇り空、残念ながら日食は見られずでした。

強いて言うなら、その時間帯だけなぜかセミが泣き止んで
不思議な静けさだった、ような気がします。


ペナントレースも前半戦が終了しまして。

広島に関しては2-23の歴史的大敗以降、8勝20敗1分。

「打力重視でAクラス ブラウン監督が方針転換」
この記事が出た7/10以降だけで言うと、
「方針転換」を境に再び打力が急降下し、1勝11敗。

Aクラスすなわち3位を狙うどころか、差は12ゲーム差まで開きました。
(参考:昨年の巨人の「メークレジェンド」は13ゲーム差をひっくり返しての優勝)

初見の相手の交流戦こそ何とか乗り切れましたが、
同一リーグ相手には全く通用しなくなりましたねえ。

とくに中日相手には「3連続3タテ」含めた11連敗。
単に勢いとかの問題ではなく、投・打・そして首脳陣すべてにおいて
「格の違い」を認めざるを得ません。
セ・リーグの優勝争いを俄然面白くする「影の立役者」になってしまいました。


まあ…もはや、何をかいわんやという感じです。
今年は出だしが本当に楽しみな感じだっただけに、残念です。
しつこいようですが、監督の采配次第でもう少しましになったのではないかと。


でも!これでもう来季はおそらく新体制に変わるでしょうから、
それを楽しみに、来季に夢を馳せようと思います。
一生懸命やってる選手のみなさんには本当に申し訳ない、
でもそうじゃなきゃやってられない…。

そろそろ、チーム出身でない人が監督やってくれないかなあ、
という思いはありますけどねえ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://mattsun.jp/blog/mt-tb.cgi/299

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)