« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月28日

●娘、誕生

本日、無事に娘が誕生しました。

ここでは所帯持ちであることすら書いたことなかったですから、
あまりに唐突すぎる報告になりますが、本当の話です。

出産にも立ち会いました。
本当、こういうときには男は無力です。
女性が感じる産みの苦しみというものは、想像することすらできません。
妻にはただただお疲れ様、という言葉しかありません。

娘の産声を聞いたとき、そしてこの両手に抱いたとき、
何度も何度も熱いものがこみ上げてきました。

今日からは日々、子を授かった喜びだけでなく、
僕の両親が僕を育てるために経験してきた様々な苦労も、
一つ一つなぞるように実感していくのでしょう。


娘よ、僕があなたに伝えられることがどれくらいあるのかわからないけれど、
たぶん、勉強まわりはまかせとけ、それ以外はお母さんだなあ(笑)。

たとえ反面教師にされてもかまわない、何がしかの物差しにはなるように、
これからもしっかりと生きていこうと思います。

今はとにかく、元気に健やかに、ただそれだけ願っています。

2009年8月25日

●夏も大詰め

今日の甲子園の決勝は、かなり感動しました。

詳しい感想等は野球ブログの方に
飽きもせず長々と書いておりますので、こちらでは省略。

しかし、毎年書いてることですけれども、
甲子園が終わると途端に夏が終わる感じがして、なんだか寂しいですね。

それとほぼタイミングを同じくしてゲリラ豪雨が…。

一瞬で辺りが霧がかるくらいの大雨でしたよ。

ひとしきり降った後は、一気に気温が低下。
8月とは思えない涼しさでした。

早くも秋の足音が聞こえてきた感じですかね。

2009年8月22日

●遠くの花火

またしても、なんだかよくわからない画像ですみません。

多摩川の花火大会を見てきました。

ただし、今回は人混みを回避して、
同じ河原でも会場からだいぶ距離を置いたところから。

もちろん迫力面で言えば絶対近いほうがヨイですけど、
遠くから見るのもこれはこれで風情があってとてもヨイです。

多摩川の場合は世田谷区側と川崎市側で同時開催なので、
両方を並べて見られるのもまた楽しい。

そしてなんといっても近隣の人々しか集まってこないので
非常にゆったり見られます。

川沿いの花火大会では、
喧騒が苦手な方には案外オススメな見方かもしれませんよ。

2009年8月16日

●残暑お見舞い申し上げます

世の中的にはお盆休みも今日まで、という感じなんでしょうか。

これから先はもう「残暑」なんですよねえ。

今年の夏はいつもに増してあっという間という感じがしますね。

最近ネタ切れ状態なので、また子猫の写真など。

エサをあげようと子猫に近づこうとすると
必ず母猫が、その間にいつでも割り込める距離に位置取りをして、

「エサはもらいますよ、でもこれ以上この子たちには近づかないでくださいね」

そういわんばかりの顔でこちらをうかがいます。

母猫にエサをあげても、少しは口にするものの
こちらへの警戒を優先してすぐに子猫に譲ってしまいます。

そんな一瞬たりとも隙も見せまいとする母猫の表情や振る舞いを見ていると、
心を打たれる思いすらします。

子猫もそんな母猫を真似して、決してこちらには気を許そうとはしません。
シャーって威嚇しながらエサ食べてますからね。
母猫がしっかり教育しているんでしょう。

でもそれでいい、そうでなければ野良ではやっていけないものね。

どうやらこの界隈は猫に寛容な人が多いみたいだから、
とりあえずもうしばらくこの辺で暮らせばいいと思うよ。

2009年8月11日

●地震と台風と

おととい、今朝と、大きめの地震が来ました。
いずれも自宅にいました。揺れている時間がすごく長く感じました。

東海地震と直接の関係はない、といってもやはり怖いですね。
今回の地震の約200倍、と言われてもまったく想像もつきません。
阪神淡路大震災のときにはすでに東京にいましたから、
大地震というものを経験していませんし。

それに加えて台風の猛威。
お盆の時期にこんなに被害が出るもんでしたっけ。

今年はわけあって帰省の予定がないため自宅にいたのですが、
そうでなければいろいろ直撃していたかもしれません。

天変地異、とくに地震は、
普段の対策はできたとしても予測がつかないのがとても怖いですね。

2009年8月 8日

●夏開幕

夏の甲子園開幕しました。

久しぶりに開会式を見たんですけど、
今年の選手宣誓の伊万里農林の主将が、
自分で準備したメモを見ながら宣誓を行ってました。

今までに前例がなかったみたいでそのときは自分もオッと思ったし、
テレビでもちょっと話題になっていました。

でも考えてみれば、
別に何か見ながらやってはいけないというルールがあるわけじゃなし、
お芝居でもスピーチ大会でもないんだし。

内容を忘れる不安がないぶん気持ちがこめられるんだったら、
全っ然そっちのほうがいいじゃない。

いささか大げさな言い方かもしれないけれど、
何より前例を気にせず踏み出す、その勇気に一番感銘を受けました。

初日から好ゲームが多かったようです、いい戦いが続くとよいですね。

2009年8月 6日

●夏の甲子園

あっちでも野球、こっちでも野球、ゴメンナサイ。

マンガも雑誌もめっきり買わなくなってしまいましたが、
これだけは毎年、買ってしまいます。これを読まないと夏が来た気がしません。

今村投手擁する長崎の清峰高校をはじめ、
春の甲子園で名を上げた選手のいるチームがかなり予選で姿を消してしまい、
なんだか予想がつきにくい顔ぶれのように思います。

大阪代表はPLです。もちろん、応援しますよ。
予選では、春の甲子園でノーヒットノーラン寸前の投球をした中野投手や、
強打者の勧野選手がケガ等でベンチ入りすらしてなかったという。
いわばエースと4番抜きで激戦の大阪を勝ち抜いたんですね。
今さら知ったんですけど驚きです。
すごい層の厚さなのだろうと思います。期待大ですね。

あさって開幕です。
今年はあんまり中継は見られないかな〜。
でも楽しみです。

2009年8月 4日

●胃カメラ飲みました

正確に言うと「上部消化管内視鏡検査」。

今日、人生初の胃カメラをやってきました…。

「ガスター20」で書いた時期以降、何度か薬をもらってだましだまし来たんですが、
お医者さんの勧めもあってここはやはりきちんと診ておいてもらったほうがよいだろうと。

さて…飲んだことある人ならわかると思いますが…。

できることなら二度とやりたくない

そんな感じ。

結局胃には問題はなく、十二指腸に8〜9mmの潰瘍が見つかりました。
自分でも見ました、自分の中身を見るのは初めてですねえ。

最初になんか変な赤い塊の写真が出て「これ(が潰瘍)ですか!」といったら
先生に「あ、これ舌ですね」と言われてしまいました。

次は今日採取した粘膜を検査するとのことで、
おそらく「ピロリ」ってしまっていると思われ、その結果は来月とのこと…。

まあ、悪いところがはっきりしたのであれば一歩前進かな、と。


ところで、検査を待っている間、ふと担当医の表を見てみると、
見覚えのある名前が。

なんと大学生時代に家庭教師で教えてた子の名前でした。

当時から医者を目指していて、後日、この医大に無事入学した、
というようなことを聞いたような。
担当している曜日が違ってたために確認はできませんでしたけど。
ていうか、もし彼に担当されてたら相当恥ずかしかったと思う…。

医療の現場の大変さはニュースでもよく取り上げられていて、
本当に大変なんだろうなと思います。
頑張って、名医と呼ばれるまでになってね!


あ、あと家庭教師も引き続き募集しております…詳しくはこちらで。

2009年8月 3日

●また丸見えですよ

先月の「丸見えですよ」のおうちを通りがかったら…。

きみの寝相はすごいねえ〜。

どういう経緯でこのポーズになったのかが気になります。

2009年8月 1日

●8月です

近所の緑地が今日明日とサマーフェスティバルで、
いろんなイベントが催されております。

緑地の中に古民家園がありまして、いつもは日中しかやってないんですけど
今日は特別に夜までやってるということで足を運んでみました。

こういう家がたくさん建ち並んでいるのですよ。
外側だけでなく、中もそのまま保存してあります。
都会にいながらにして、田舎に来たような感覚になります。

このあと、この家の中で講談(怪談話)のイベントがあったんで、
ついでに聞いてきました。
さすがに泣いちゃう子供もいましたけど、
セミの鳴き声なんかもちょうどいいBGMになって、なかなかに楽しめました。

気持ちを和ませるにはうってつけの場所なのです。