« 日記 | メイン

2009年11月15日

●11月も半ば

久々に近所の河原まで足を伸ばしてみました。
前回の花火大会のときと違うのは、メンバーに娘が加わったということ。

いまはまだ外出しても寝てばかりですが、
そのうちちゃんと散歩できる日も来ることでしょう。

最近はアーウーいいながら笑顔を見せるようになりまして。
ふとした瞬間に「何だか疲れたな〜」って、ガクーッていうのが
訪れたりしたときなどにこの笑顔を見ると、心が穏やかになります。

のどかな自然と娘の笑顔が、今は何よりの癒しです。

2009年10月14日

●秋の香り

なかなか更新する暇がありません。

外の空気もすっかりヒンヤリしてきて、
金木犀の香りがプンプンするようになってきました。

秋ですねえ。

2009年9月24日

●真っ黄色

普段はこんなふうに澄んでる近所の川が、ある日突然

真っ黄色になってまして。
びっくりして二度見してしまいました。

中国的に言うと、長江がいきなり黄河になったような。そんな感じ。

異臭とかはしてなかったんでたぶん毒物ではないんだろうと思うんですけどね。
日ごろから、この川沿いではどこかしらで工事やってるようですし、
もしかしたら土とか泥とかなのかもしれませんけど、
それにしたってこんなの自治体とかに怒られたりしないのかなあ。

何より、魚とかその他の自然に影響がないか心配だったんですけど、
数日後にはまた澄んだ川に戻っていたんで、たぶん…大丈夫かなと。

あの真っ黄色いのが何だったのかは、いまだ不明です。

2009年9月 6日

●9月です

本当は9/1に書くタイトルなんですけどね、
他にいいのが思い浮かばなかったもので。

このところ関東は晴天が戻ってきましたね。
ちっこくて見えないと思いますがツバメが一斉に巣立ちしたようです。

Image182.jpg

相変わらずの子猫たちです。
だいぶ大きくなってきました。

世間と同じくして我が家も政権交代が起きて、
日常の風景から様変わりしました。

年内、まだいろいろと変わっていく予定。

でも、何より変わらねばならないのは
自分自身の心の持ちようでしょう。


2009年8月25日

●夏も大詰め

今日の甲子園の決勝は、かなり感動しました。

詳しい感想等は野球ブログの方に
飽きもせず長々と書いておりますので、こちらでは省略。

しかし、毎年書いてることですけれども、
甲子園が終わると途端に夏が終わる感じがして、なんだか寂しいですね。

それとほぼタイミングを同じくしてゲリラ豪雨が…。

一瞬で辺りが霧がかるくらいの大雨でしたよ。

ひとしきり降った後は、一気に気温が低下。
8月とは思えない涼しさでした。

早くも秋の足音が聞こえてきた感じですかね。

2009年8月22日

●遠くの花火

またしても、なんだかよくわからない画像ですみません。

多摩川の花火大会を見てきました。

ただし、今回は人混みを回避して、
同じ河原でも会場からだいぶ距離を置いたところから。

もちろん迫力面で言えば絶対近いほうがヨイですけど、
遠くから見るのもこれはこれで風情があってとてもヨイです。

多摩川の場合は世田谷区側と川崎市側で同時開催なので、
両方を並べて見られるのもまた楽しい。

そしてなんといっても近隣の人々しか集まってこないので
非常にゆったり見られます。

川沿いの花火大会では、
喧騒が苦手な方には案外オススメな見方かもしれませんよ。

2009年8月16日

●残暑お見舞い申し上げます

世の中的にはお盆休みも今日まで、という感じなんでしょうか。

これから先はもう「残暑」なんですよねえ。

今年の夏はいつもに増してあっという間という感じがしますね。

最近ネタ切れ状態なので、また子猫の写真など。

エサをあげようと子猫に近づこうとすると
必ず母猫が、その間にいつでも割り込める距離に位置取りをして、

「エサはもらいますよ、でもこれ以上この子たちには近づかないでくださいね」

そういわんばかりの顔でこちらをうかがいます。

母猫にエサをあげても、少しは口にするものの
こちらへの警戒を優先してすぐに子猫に譲ってしまいます。

そんな一瞬たりとも隙も見せまいとする母猫の表情や振る舞いを見ていると、
心を打たれる思いすらします。

子猫もそんな母猫を真似して、決してこちらには気を許そうとはしません。
シャーって威嚇しながらエサ食べてますからね。
母猫がしっかり教育しているんでしょう。

でもそれでいい、そうでなければ野良ではやっていけないものね。

どうやらこの界隈は猫に寛容な人が多いみたいだから、
とりあえずもうしばらくこの辺で暮らせばいいと思うよ。

2009年8月 3日

●また丸見えですよ

先月の「丸見えですよ」のおうちを通りがかったら…。

きみの寝相はすごいねえ〜。

どういう経緯でこのポーズになったのかが気になります。

2009年8月 1日

●8月です

近所の緑地が今日明日とサマーフェスティバルで、
いろんなイベントが催されております。

緑地の中に古民家園がありまして、いつもは日中しかやってないんですけど
今日は特別に夜までやってるということで足を運んでみました。

こういう家がたくさん建ち並んでいるのですよ。
外側だけでなく、中もそのまま保存してあります。
都会にいながらにして、田舎に来たような感覚になります。

このあと、この家の中で講談(怪談話)のイベントがあったんで、
ついでに聞いてきました。
さすがに泣いちゃう子供もいましたけど、
セミの鳴き声なんかもちょうどいいBGMになって、なかなかに楽しめました。

気持ちを和ませるにはうってつけの場所なのです。

2009年7月30日

●雨上がりの夕暮れ2

別の日に撮ったやつをもう1枚。雲にうつる夕焼けがキレイでした。

2009年7月27日

●雨上がりの夕暮れ

ふだん何となく見ている風景に、なんか目が止まってしまったので。

2009年7月25日

●セミたちよ

なんだか大荒れの天気が続いていますね。

向かいの家の壁にセミがポツンと止まってるな〜と思ってたら
急に嵐のような大雨と台風のような風が吹き始め、
逃げるタイミングを失ったセミは壁に張りついたまま、
ただただ耐えて嵐が過ぎ去るのを待っていました。

そうして10分ほど、ずぶぬれのセミを見守っていたわけですが、
小降りになったら無事、飛んで行きました。

またなんだかよくわからない写真でごめんなさい。
こちらは夜、羽化したてで体を乾かしてるセミ、まだ色も白っぽく透き通っています。
(翌日、同じ場所に残ってた抜け殻を調べました、ヒグラシだと思います)

これを撮る直前も大雨が降ってたんで、
こいつも苦労したかもしれないな。

まあ、地上の生活が数日間しかないセミたちからすれば、
天気なんて気にしてる場合じゃないよ、てなところなのかもしれませんけどね。

2009年7月19日

●夕虹

日暮れ前、外出したとたんに雨。
「太陽も出てるってのについてないな〜」と思っていたら大きな虹が!
これだけくっきりしたのを見るのも久しぶりですね。
ちょっと得した気分です。

2009年7月15日

●梅雨明けた

梅雨空から一転、完全に夏がやってきた感じですね。
みなさん、熱中症には気をつけましょう。

自転車置き場にて仲睦まじき猫親子発見。
これ以上近づくと逃げてしまうので、携帯ではこれが精一杯の近さ。

母猫1匹に子猫が4匹。授乳中でした。
もう、なんというか、ほほえましいとしかいいようのない光景。

模様の色からしておそらく羽化したてっぽいてんとうむし。
これから暑いだろうけど、頑張れ。


2009年7月 4日

●ヒグラシが

今日の夕暮れ時、近所の林からヒグラシの鳴き声が。

さすがに早くない?
まだ梅雨まっただなかだっていうのに。

温暖化が進んでる、のか、単にあいつの気が早かっただけなのか。

2009年7月 2日

●丸見えですよ

ご近所のおうちの窓際をふと見ると、

最初、ぬいぐるみか?と思いましたよ。
雨の日の猫はよく眠ると言うらしいけど、無防備すぎじゃないの?
後ろ足の方向が…。おいおい大丈夫かと思いながら前から見ると、

きっとエアコンも効いてて快適なんでしょうねえ。なんといっても安全な場所だし。
なんともうらやましい。

2009年6月29日

●あじさい

ちょっと前に行ったんですが、鎌倉・長谷寺にて。

これもまた紫がキレイです。


2009年6月24日

●ハナショウブ

いよいよ都内は夏日も記録して、蒸し暑くなってきましたね…。

ということでなんか涼しげになりそうな画像をアップしてみるシリーズ。

近所の緑地のハナショウブです。紫が映えてキレイです。

2009年6月21日

●雨模様

せっかくの日曜も朝から雨模様。

急ぎの用事にてちょっと外出したら、近所の川がこんな感じになってました。

しばらくはこんな日々が続きそうですねえ。

2009年6月 7日

●プレーリーホットドッグ

Image465.jpg

今日はよく晴れましたねえ。

出先に行く途中、あじさいが見事だなと思ってみてたら
その手前の花壇的なスペースに…?

この季節にはちょっと暑いかもね。

2009年5月29日

●蛍の光

これだけだと何のことかわからないと思いますが(笑)、
タイトルのとおりホタルの光です。
一匹だけでなく、何匹も光ったりフワフワ飛んだりしていました。

30数年生きてきて野生のものを初めて見ました。
いや、もしかしたら小さいころに見たことがあるのかもしれませんが、
全く記憶にないので、実質初めてと言えると思います。

おおかたの人には「こんなの子供のとき近所でしょっちゅう見たよ」と
言われてしまうことでしょう、
でも都会っ子は感動できてしまうのですよ。

2009年5月25日

●煮詰まったときは

近所の緑の多いところや高いところに行ったりしてみます。

視界やら流れる時間のリズムやら、五感のモードが否応なく切り替えられます。

ブログとかで垂れ流すのもたまにはよいですが、
こういう場所で自然に消化してしまうのがいろんな意味で健康的かなと。

2009年5月19日

●デトックス2

散歩中、石段でバッタリ出会った猫くん(さん)です。

2009年5月18日

●デトックス1

なんか、気が付けば毒まみれのブログですね。
せっかく癒しの画像とか貼り付けるようにしていたのに。
しかも、たぶん僕の知る限りここ見てる人で3、4人くらいにしか伝わらない内容ですね。

でも何かとストレスが溜まってイライラが募る日々、
たまにはこうやって無責任に毒でも吐かないとやっておれないですよ
(野球に関してはまだまだ吐けますけど)。

近所のバラ苑が開苑したので行ってきました。
バラの画像でこの毒にまみれたブログを緩和してみよう。

2009年5月 1日

●5月です

毎年書いてますが、GWというものは個人的にはあまり関係がありません。

それだけに銀行行ったりとかその辺のことを気をつけないと
後で困ったりしてしまいます。

Image346.jpg

山つつじ、だと思います。

うーん、さすがにネタ切れしてきました(笑)。

でも先月は一応、開設以来の月間最高投稿数を更新、
というささやかな目標を達成できたということで、
自分的には満足しております。

今月はマイペースでいきたいと思います…。

2009年4月28日

●キンラン

先日、さて何かないものかとうろうろしていて、
切り株んとこに生えてるキノコとかをケータイで撮ってたら、
後姿ではみ出て見えるほど高性能レンズの
カメラを提げたおじさんが話しかけてきて、
親切に教えてくれたのが、キンランという花。

そのときはまだ蕾だったんで、後日行ったら綺麗に咲いてました。
こんな感じで↓

調べてみると結構珍しい花らしい。そりゃおじさんもオススメしてくれるわけだ。
あまりに普通の場所にピョンと生えているんで、
詳しい人じゃなきゃかえって見過ごすだろうな。
でも、そのほうがヨイと思います。

2009年4月26日

●野鳥3

こちらも多摩川で見かけました。カワセミです。

カワセミ

春ですしね、カップルですね。左がオスで右がメスだと思います。

カワセミ

どうもここはカワセミ出没スポットらしく、カメラ待機している人が何人かいました。
みんな一斉にカメラを向けてましたね。

なんとも癒されます。

2009年4月25日

●野鳥2

多摩川にて、堰提のたもとにたたずむコサギです。
(ちっちゃくてすみません)

しばらくこの位置でじっとしてました。
涼しげです。

また続きます〜

2009年4月24日

●野鳥1

今度は近所でたまたま撮れた野鳥をいろいろアップしてみるシリーズ。

アオゲラ

アオゲラという、キツツキの仲間です。

人間が多少近づいても、安全圏だとわかっているのか
一心不乱に木を突っついてる姿がとても愛らしいです。

2009年4月22日

●音符のような

小さくて見えにくくってすみません、真ん中へんと、あとちょっと左上にいるんですけどね。

多摩川がちょっと乾いて水たまり状になっていたところで発見しました。
おたまじゃくしなんて久々に見たな〜。

2009年4月21日

●枝のような

ナナフシの子供

何かわかります?ナナフシの子供です。

子供でも立派に体を揺らして「風に吹かれて揺れる枝」を演じていました。

がんばって大きな枝になれよ!

2009年4月20日

●ジャボ

これは相当ジャボですな!

食べてみたい。

2009年4月19日

●昆虫たちも

がぜん元気になってます。

特にてんとうむしは元気ですねえ。
春を感じます。

2009年4月18日

●桜3

今回は多摩川の桜です。

↑ふわふわですね。

↑桜吹雪が綺麗でした。

桜シリーズは以上、
今年はいろいろ見れてよかったです〜。

2009年4月17日

●桜2

前回同様、二ヶ領用水沿いの桜を。

↑こんもりしてますねえ。

↑水面を流れる桜の花びらもまた綺麗でした。

また続きます〜


2009年4月16日

●桜1

桜の季節はあっという間に過ぎ去ってしまいましたが、
あちこちで撮れたのをアップして思い出してみるシリーズ。

まずは生田緑地にて。

こちらは二ヶ領用水沿いの桜のアップ。

続きます〜

2009年4月15日

●輸送中

馬、輸送中だそうです。

残念ながら馬は見られなかたったんですけれども。

このトラック、画像では見たことあったんですけど実物は初めてみました。

2009年4月14日

●ノビ猫

この辺の猫は、前住んでたとこよりやっぱりちょっと野生度が高いですね。
顔つきにも現れてます。


 
携帯を向けたら寄ってきたんで、よく撮れるようにちょっと上に上げたら

一緒に背筋もノビました。

現在、携帯の待ち受け画像になっております。

2009年4月11日

●変な標識

時間が空いたら散歩ばっかりしています。

手当たり次第に携帯やらデジカメやらで写真撮ってるので、適当にアップしていくシリーズ。

鹿のやつとかは見たことあるけど、狸は初めて…。

ちなみに近所で狸はまだ発見してませんが、ハクビシンは見かけました。


2009年4月 6日

●まったりと過ごす

桜もいよいよ満開ということで、近所のI緑地にて花見などしてきました。
やっぱり満開の桜はよいですね!!

花見の人々が集ってにぎやかになってる花見スポットは避けて、
桜もそこそこあってひとけの少ない広場にて
ウグイスなどの野鳥の鳴き声やらコゲラが木をつっつく音を聞きながら、
まったりと時を過ごしました。

都会でありながら徒歩数分に野鳥の棲む場所があるというのは素敵なことだなと思います。
決して珍しいことではないのかもしれませんが、
子供時代を徒歩数分にLOFTがあるような場所で育ってきた人間からすると
これは結構なインパクトだったりするのです。


さて、今後の予定について触れておきますと、
先日のようにガッツリ出番のあるような舞台の予定は当面ありません、
というか当分の間ないと思います。
その他の役者のお仕事についても残念ながら少ない現状ですから、
この手の話題についてはネタがあんまりないかもしれませんね。

と、いうことでしばらくは野球と野生の話ばかりになるかもしれませんが、
生きてる証としてのブログですので、自分としてはそれでもよいと思っています。

気が付けばカウンタも20000行きそうですね。
「ようやく」という言い方が正しいのだろうと思いますが、
ご覧いただいてる皆様、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

2009年4月 1日

●4月です

4月に入りました。
新年度、といっても自分にはあんまり関係ないんですけどね。

近所の神社で有名なしだれ桜が見ごろということでちょっと行って来ました。

ちょうど月も出ていて、なかなかによい感じでした。

しかし今日はもう一日ニュースにサイトに騙されっ放しですよ。
一瞬でも「えっ!」と思ったら負けですからね。負けっぱなし。

早く明日になんねえかな…。

2009年3月23日

●公演終了しました

Dotoo!「「鬼の如く、地獄の如く、恋の如く」公演無事千秋楽を終えました。

まずは、劇場に足をお運びいただきました皆様、本当にありがとうございました。

そして、今回お世話になったスタッフならびにお手伝いいただいた方々、
共演者の方々、劇団のみなさま、ありがとうございました。

今回は稽古開始から公演期間まで約2ヶ月間あったので、
すごく長いことやってたなあという、充実感のようなものも感じたりしています。

バラシ(撤収作業)→徹夜打ち上げを経て、早朝帰宅。
少しだけ寝て根性で起きてWBCの日米戦を観戦しまたひと盛り上がり。
眠気もふっとぶエキサイティングな試合でした。
明日はまた日韓戦か〜。今からシビれますね。

今日は一日休養日と決めていたので、近くの緑地を散策。
風は強かったですが、人気の少ないところでのんびりしました。

スミレが綺麗に咲いてたり(↑木から生えてる!)、
サクラもチラホラ咲いてたり、野鳥の声も盛んになってたり、春ですよ春。
そういや今朝、帰ってくる道すがら、川辺でカワセミの姿も見かけました。
あんな街中で見られるとは。

引越し以来、近所をゆっくり探検している暇が全くありませんでしたが
これからはそういう時間が少しはできるかな、と。

月並みな言い方ですけれども、
日々の生活の中ではそりゃもういろんなことがあったり、
いろんな気持ちにさせられたりするわけですが、
そんなときにもうまく切り替えができるような
趣味(自分の場合野球観戦)や癒し(自分の場合散策)を持つのが、
これからはもっと大事になってくるのかなあ、とか思っています。

2009年2月27日

●雪模様

Image266.jpg

載せてもあれかもしれませんが、一応道すがらの様子など。

無事引越しを終えて少しずつ落ちついてきたわけですが、
ずっとどんよりした天気ばかり…、でついに今日は雪ですね。

冬なので寒いの含めて仕方ないとはいえ
こういう日に用事で外を出回るのはなかなかにツラいものがあります。

春が待ち遠しいですねえ。

2009年2月14日

●バレンタインデー

今年に入ってまだ4回目の書込みです。
頑張ろうと思ってたんだけどなあ。

しかし今日は暖かかったですね〜。
東京の最高気温は20℃だったとか。
昨日の春一番といい、従来の季節感からは考えられないようなことばかり。

でもまあせっかく暖かいんだしということで近所を散歩したりしてみました。

Image259.jpg

とあるお寺では梅がすっかり満開で、境内には心地よい香りが漂っていました。
野鳥も元気に飛び回り、もう今日だけ見れば完全に春だなと。

でもまた寒さが戻ってくるということで、
こういうときにアッサリ体調崩したりしてしまうので注意しないといけないですね。

で、今日はタイトルにあるとおりの日でもあるわけですが、
稽古場で女性キャストのみなさんから
男性キャストにお菓子的なものをいただきました。
ありがとうございます。

本番の直前にホワイトデーが控えているので、
自分の備忘録としてここに記しておこうと思います。

2007年11月24日

●北へ

東北・三陸海岸の方へ行ってきました。

あわよくば紅葉を…と思っていたのですが、
それどころか八戸では11月としては36年ぶりの真冬日・吹雪に見舞われ、
ある意味奇跡的な体験ができました。

翌日はうってかわって晴天に恵まれ、すばらしい日の出も拝むことができました。
(元画像サイズがでかいですがそのまま上げます)

気温は相変わらず低かったわけですが(東北だから当たりまえですけど)
現地の魚貝はやはり新鮮でうまかったです。

ちょうど去年の今ごろは南の島にてビーチにいたりしたのですが、
冬の海もなかなかにいいもんだなと思いました。

2007年11月17日

●新宿御苑

久々に新宿御苑に行きました。

すっかり秋の気配が漂う中、菊の展示をやってました。
こういうの見るのは初めてかも。

菊の表現の仕方は他と違って独特ですね。
見事なものです。みなさん夢中でカメラを向けていました。

これもまた綺麗に整えられて見事なものでしたが、
真ん中の方の花をよく見ると…

なぜだかこの一輪だけ白と黄色のハーフアンドハーフに。
しかも正面のど真ん中なのでよく目立つ。

出展側からすると、こういうのは「アイタタ〜」なのかもしれませんが、
自分は逆になんだかかわいらしくて目をひかれるものがありました。

本当に、ここはいつ来ても癒されますね。

2007年4月30日

●高尾山

高尾山

高尾山に足を伸ばしてみました。
今日はとてもいい天気で散策日和でしたね。

GWということもあって、休憩所や売店付近はとても賑やかでしたが、
ひとたび山道に入れば、鳥の鳴き声と木が風に揺れる音以外、とても静か。

逆に静かすぎて、ふとした瞬間に、仕事のこととか、その他いろんなこととか、
自分が全く関係ない考え事をしているのに気づいたりしました。

たぶん普段からそんな感じなんでしょうけど、
都会では周囲の雑音に混ざってそのことに気づかなかったりしてるんだろうなあと、
うまい表現が見つからないんですけどね。

いい空気を吸ってリフレッシュしました。

2007年4月 1日

●4月

以前、「春近し」とか書いてたわりには、しばらく冬に逆戻りしてましたけど、
今度こそ、もう完全なる春ですね。

今日は、大学時代の友人の結婚パーティにお招きを受け、行ってきました。
そういうイベントでもないとなかなか旧友に会う機会もなく、
久々に会って盛り上がったりしました。

いろいろなことがスタートする4月ですが、それにふさわしいめでたい席でした。
自分も新しい気持ちで頑張ろうと思います。

2007年3月10日

●春近し

最近、ゆっくり散歩する暇もなかったので、久々に新宿御苑に行ってみました。

梅が終わって桜はこれから、というところで全体的にはさびしげな感じでしたが、
モクレンが見事だったり、見所いっぱいだしノンビリできました。

3月に入って、うまく表現できないのだけど温度以外の部分で空気が違ってきた、というか。
春は近いです。

2006年11月26日

●南へ

海

少しばかり、南の方に旅に行っておりました。
美しい自然の中で、身も心もリフレッシュして参りました。

いろいろ考え事もしようかなとも思っていたけど、
やっぱいいやと、頭の中をカラッポにして過ごしました。

東京に戻ってみると、みんなすっかり冬服に切り替わっていますね。
気がつけば今年ももう終盤なんだな〜。
まずはよき年末を迎えられるよう頑張ろうと思います。

2006年10月23日

●秋の虫3

あんまりネタがないので久々になんか画像でもと思ったのですが、
さすがにこちらもネタ切れか…と思っていたら、あった。

オンブバッタ

秋の虫というには微妙かもしれませんが、一応秋に撮ったので。
いわゆるオンブバッタというやつですね。新宿御苑で見つけました。
褐色のやつに緑色のやつが乗っかっています。わかります?

ちなみに、これは親子ということではなく、
オスがメスを独占するために乗っかっているのだそうな。
虫の世界も大変だなあ〜(^^;

2006年10月15日

●秋の花2

なんか、環境画像が増えてきたので「風景・自然」なるカテゴリーも追加してみました。

先日の巾着田シリーズのラスト。
曼珠沙華のほかに、コスモス畑(?)もありました。

コスモス1

なんでこう、うまい具合にいろんな色がバラけて咲くのでしょうねえ。

コスモス2

いかにも秋っぽい感じでよかったです。

2006年10月10日

●秋の虫2

巾着田で見たものシリーズの続きです。

後で調べて知ったのですが、「ハグロトンボ」といって、
水生植物の生えている河川の岸辺で見られるのだそうです。

「こんなの近所に普通にいたよ」という方もいらっしゃると思いますが、
都会育ちの自分は、おそらく今まで見たことありませんでした。

葉っぱにとまっては羽を開いたり閉じたりしているので、
なんとか開いている瞬間を!と思って粘って粘って撮ったのがコチラ↓

普通のトンボと違ってヒラヒラ飛ぶ感じがなんとも優雅でした。

2006年10月 8日

●満月とクジラ雲

昨夜と違って今夜は満月がキレイ。

あまりにキレイなので撮って即アップしました。

まあ、ジャングルから眺める月のイメージのような感じです深い意味はないです(^_^;

月明かりに照らされて、深夜だというのに雲の形もこんな感じでクッキリ見えます。

画像ではさすがにわかりにくいですけど、立体感のある絵画のような。
見ようによってはクジラの形のような。

いい夜空だ!

2006年10月 7日

●秋の花1

東京は秋晴れ。近所の学校の運動会も無事行われているようで、
懐かしい感じの行進曲とかが聞こえてきます(^_^)

先月の末に、埼玉県の巾着田というところに行ってきたときの画像。

この時期、川沿いにはヒガンバナ(曼珠沙華)がたくさん咲くので、それを見物に観光客が訪れるのです。
これ以外に何があるかっていうと、とくにないんですが(^^;
他になにもないので、いわゆる観光地的な騒々しさもなく全体的にノンビリした雰囲気。

こちらは、ちょっと高いとこから撮ってみたものです。

実際はもっともっと広い範囲が真っ赤です。
とても不思議な光景でしたね。

他にもいろいろ撮りましたが、それはまた日を改めて。

2006年10月 4日

●秋の花の前に夏の花

次は秋の花かなあと思いましたが、その前に↓

ちゅら花

沖縄の花ということで通称「ちゅら花」で覚えてたら、本当の名前を忘れてしまいました。
もう10月になった今も、がんばって咲いていますねえ。

上に伸びるとばかり思っていたら、太陽の方向に地面に這うように広がっていったため、
プランターからあふれて垂れ下がってしまっているのです。
ああ〜広い庭でもありゃなあ〜。

猛暑の中数日間家を空けたあとでも、全然普通に咲いていました。
手入れもほとんど必要なしの、なかなかワイルドな奴です。

2006年10月 3日

●秋の虫1

夏育てていた植物の添え木にとまったトンボ。

しょっちゅうトンボがやってくるんですけど、みんな必ずこの位置にとまって休憩しています。

なぜかよくわからないけど、たぶん彼らにはおあつらえ向きの角度・高さなのでしょう(^-^)

そういうわけで、添え木だけ残したままにしています。

2006年10月 2日

●秋の空1

先日収録したナレーションのうちいくつかが再録となったため、六本木へ仕事に。

そしたら途中で、何かのロケをしている集団が。
もう3年前になりますが、舞台でご一緒した甲斐まり恵ちゃんが何かのレポートしてました。
彼女も気がつけば立派なお天気お姉さんになって活躍中。
早朝のテレビで見かけたときは正直、びっくりしましたよ。

さて、最近あんまりネタもないんで、(いささか強引ですが)天気つながりで最近見た雲とかを貼ってみようと思います。

↓のシマシマはどうやってできるんですかねえ。昔学校で習ったような気もするんですけど、かなり不思議。

天気のいいときに空をボーっと眺めるのはよいものです。

2006年9月 9日

●お天気に翻弄される

今日は昼からナレーションのお仕事。
現場で奈良俊介(チャボ)さんに、たぶん2年ぶりくらいにお会いしました。
10月に舞台があるそうです、せっかくなので宣伝(^-^)
◆ビタミン大使「ABC」 「君のビート」
10/25〜29@新宿シアターサンモールです。詳細はHPにて。

帰宅のついでに書店で何冊か書物を購入。
いわゆるプログラミングのリファレンス本。
いいかげんネットで検索して調べるばかりっていうのもあれだし。

帰宅後、ちょっと疲れていたけれど、なんとなく気分がスッキリしないので
ジムで体でも動かしてスッキリしようと家を出たとたん大雨が!

「ついてねえなあ〜」と家にいったん戻って、
「でもやっぱり歩いてでもいくか」と、傘とか準備して出てきたら、
すでにすっかり雨は上がっていました。その間5分足らず。

嫌がらせか!!

そんなプチ意地悪な曇天に向かってむむーと思いながら
新青梅街道沿いに自転車を漕いでいたら、そこらへんの木からヒグラシの声が。

以前ブログで「ヒグラシはさすがに東京じゃ無理」みたいなこと書いてたけど、
そんなことなかったのですね。前言撤回します。びっくりしました。

そういえば、先日夜に近所を散歩してたらタヌキ発見しました
(「モコモコした猫でしょ」という意見もあるでしょうが断じてタヌキ)。

何の因果でこんな都会に暮らしているのかわからないけど、
もしかしたら迷惑してる人もいるのかもしれないけど、
でもみんなたくましく生きてほしい!そんな気持ちになりました。

2006年8月29日

●葉山

今日は仕事の定例の打ち合わせで横浜方面へ。
その前に時間があったので、そのまま逗子まで足を伸ばして、
宮司信吾さんの写真展「犬と飼主」@葉山・一色海岸を見に行ってきました。

葉山1

宮司さんとは2003年と2004年の夏、
写真のスライドショー+朗読の企画で朗読者として参加させていただいたのが縁です。

葉山2

久々に訪れた一色海岸はとてもいい天気でしたがさすがに海水浴客はまばら。
でもそれはそれでとてもヨイ雰囲気。

もう本当にその場の思いつきで足を伸ばしたので、
残念ながらご本人には会えなかったのですが、写真見られただけで大満足。
今年も、犬と飼い主の仲睦まじい様子がたくさん写真におさめられていました。

仕事がなければ足だけでも浸して帰ったんだけどな〜、それはちょっと心残り。
来年はチャンスがあればゆっくり立ち寄ろうと思います。

ちなみに写真展は31日まで葉山・一色海岸でやってますので、ご興味のある方は是非。
詳しくは→www.umigoya.net

2006年8月27日

●ラスト花火

花火

「遊んでばっかり」という声も聞こえてきそうですが…、
一応、毎年2回は花火に行きたいという願いがあるもので。

こちらは西武園ゆうえんちの花火大会。
約30分ほどで、他の大会に比べれば小規模なものですが、それでも楽しめました。

どちらかというと花火がメインで行ったのですが、
昼間早めに行って場所だけとっておいてプールや遊園地で遊んで夜は花火、
という楽しみ方があるようで、家族連れなどでにぎわっておりました。

帰りの電車で、駅のホームにて、野生の狸を発見。
途中下車するわけにもいかず、残念ながら写真には収められませんでしたが…、
なかなか興奮ものでした。

野生の動物には本当に弱い私です。

2006年8月16日

●花火

神宮外苑花火に行ってきました。
今夏は予定的に花火は微妙かな〜と思ってたんですが、幸い時間を作ることができました。

花火1

天気も最後までもってくれたし、
結構開始ギリギリに行って、この人数じゃあまともに見られる場所ないかなと思ったけど
なんとかよく見える場所もあったし。

花火2

花火の好みってありますよね。デカいのがいいとか、枝垂れるのがいいとか。
自分がとくに好きなのは、どんな形でもいいのですが最後にパリパリいうやつ(伝わらないかな)。
もうとにかくパリパリパリパリすればするほどよいです。

花火3

パリパリもいっぱいあったし、今年も無事癒されました。

2006年8月 5日

●帰省2

帰省しつつも、関西周辺の観光などもしたりしてました。

ドリルチョコレートでご一緒した櫻井智也くん、宮本拓也くん、日栄洋祐くんがご出演の
bird' eye viewの公演@京都をMCRの面々といっしょに観劇。
で、翌日はそのまま京都観光してました。

こちらはいわずと知れた清水の舞台。

清水の舞台

ここ数年は仕事や観光などで何かと京都に来る機会が増えたんですけど、
それ以前だと子供のころの遠足の記憶くらいしかないので、普通に新鮮に楽しめました。

別の日には奈良方面にも出たりしていました。

おふさ観音

こちらは、橿原市にあるおふさ観音というお寺。
毎年夏になるとこのように境内中に風鈴をつるします。風が吹くと一斉に鳴る風鈴の音が涼しげでよかったです。

●帰省

時期としてはちょっと早いのですが、1週間ほど故郷の大阪に里帰りしておりました。

私が大学入学で上京するまでの間すごした実家は大阪でもものすごいマチナカで、
最寄駅はと聞かれれば「大阪駅」と答えざるをえないようなところにありました。

いわゆるドーナツ化現象のため小学校の生徒数は全校あわせても100人もいませんでした。
梅田周辺が栄えていくにしたがってどんどん人数は減っていき、
だいぶ前に統廃合でなくなってしまいました。

本当はうちももっと早い時期に退去になっててもおかしくなかったと思うのですが、
話が起きるたびにバブルがはじけたりして立ち消えになり、奇跡的に生き残っていました。
しかしながら、昨年いよいよというか、引っ越すことになったわけです。

んで、先日実家のあった場所に行ってみると、このとおりすっかり取り壊されておりました。

ちょうど実家の入り口の正面あたりから見た感じ。
この更地全部が…ではなく、左端に写ってる電柱から重機の間くらいの幅で、奥行きも全体の半分くらいかな。
区画まるごと更地になった感じですね。

ちなみに奥に細く見えているガラス張りの建物がMBS(毎日放送)です。
うちはえらい都会の中にあったんだなあと改めて思いました。

残っていた家族が退去してから時間も経っていたので、
意外とこういう光景を見ても感傷的にはならなかったです。

まあ、帰ってきていきなりデカい建物が建ってるよりかはよかったかなー。

2006年7月 4日

●夏野菜

野菜や花を植えてせっせと緑化に励んでおります。
といってもうちのベランダでは大したものは育てられないんですが…。

最近はミニトマトがすっかり紅くなりました。

tomato.jpg

明日には収穫かな〜鳥に食べられる前に(^^;


こんな本を読んでみたりもしています。

web2_0book.gif 「Web2.0 BOOK」 インプレスジャパン

仕事では別に最先端の技術に触れてるわけではないんですけど、たまにはアンテナを張ってみるかなあという感じです。
でも読んでみると、なかなか面白い。
我々が何気なく使っているこのブログも、Web2.0的なコンテンツということなのだそうです。
Webの世界も混沌としているようで、何がしかの方向性を持って進化しているのだなあと思います。


さてさて巨人は相変わらず大変なことになってて、周囲の巨人ファンがとても不機嫌だったりするのですが、
そんだけ酷い状態といわれるとこと負け数が変わらんチームのファンはどうすりゃいいのよ。

それはそれとしてオールスター戦ですよ。ファン投票で一人も選ばれなかったのはいつものこととして、
去年の前田選手のMVPの再現!と思ったら野手は東出選手だけですか…。順当だとは思うけど地味だなあ〜(^^;
だけど東出選手は去年まで数年間、本当に不遇な感じだったので、ここは一発活躍を期待したいところです。

2006年6月28日

●新宿御苑

気分転換したいときなどに、たまに散歩してます。

ただ歩くだけでノンビリできますし、
いつ行ってもその都度風景が変わるので全く飽きることがありません。

アジサイは残念ながらさすがにほとんど終わってましたが、
緑の鮮やかさは素晴らしいものがありました。

梅雨時で天気が心配だったんですけど予報は見事に外れて一日晴天でした。
というか蒸し暑かった!
御苑に住み着く猫たちもこんな感じで完全にグダグダでした。

gyoen_neko.jpg

池ではツバメが頻繁にやってきてエサ取りに精を出していたり、亀が泳ぎまわっていたり。

そういうのを眺めたりして、しばしボーっとしていました。至福のひとときでありました。

2006年5月28日

●今週は

ほかにもいろいろあったのですが、そのうちのひとつ。

昨年「ルル」の現場でご一緒した浅野和之さんから
パソコンの調子が悪いのでちょっと見てくれないかなあと連絡があったので、
自分もパソコンの設定に滅法詳しいってわけでもないんですが、
ご自宅にお邪魔してお手伝いしてきました。

OSのインストールしている間とかはヒマなので、
愛猫さんを撮りまくったりしてました。

neko.jpg

ちょっと太り気味でしたがなかなかカワイイやつでした。

作業のほうが、実はいろいろ苦労して1日で終わらず、
翌日出直して2日がかりでなんとかやりました。

自分もまだまだだなーと思いつつ、
でも待ち時間にいろいろお芝居の話(や猫の話)などできたのでよかったです。

で、ほかの人のマシンをいじったら、自分のもたまにはいじってみたくなったりして、
パフォーマンス面での改善(笑)を図ってみたり、
不要なプロセスを調べて外して起動を早くしてみたりといろいろやってみました。

実際どの程度効果が出てるかはわかりませんが(^^;
たまにこうやって環境を見直すことは大事ですね。何においても。