Written in Japanese/Japanese fonts required to view this site.

現在のBlogへ

■ 近況報告(2004年4月〜2004年5月)

2004/5/30

今週はいろいろ忙しくて、更新する時間がありませんでした。
そんな1週間を軽く振り返ってみると。

舞台についてはDotoo!と、MCRを観劇。
それぞれテイストは違えど、どちらも完成度の高さを感じるよいお芝居でしたよ。
おおげさかもしれませんが、役者として尊敬の念を感じられるお芝居はいいですね。

もっと早めに書いてオススメしようと思ったんですけどMCRのほうは終わっちゃいましたね。
Dotoo!のほうは2日まで駅前劇場でやってます。よかったらぜひ。

■

いきなり謎な画像で恐縮ですが、
金曜、某所にて役者さん仲間での某打ち合わせの際に、
お酒姫こと野中希さんの一杯目がいきなりサイズでかいよ!この酒飲み!
そしてメトロポリスプロジェクトがんばって!っていうことが言いたかっただけなのです。

「狸」の撮影のほうも進んでおります。
なんせ大人数が時代物の衣装に一度に着替えたりするわけですから、準備段階から現場は大変です。
スタッフさんは役者が入る前に来て、出たあとも残ってるわけだからなあ〜。本当に大変だ。

役者にとっては待ち時間が長いのが映像のお仕事なのですが、
その時間でいろんな役者さんと知り合いになれるのは楽しいですね。

今週はちょっと疲れてしまったなー。
なので報告も若干疲れ気味かもしれません。ご容赦ください。

あー、もうすぐ梅雨か…。

2004/5/24

今日はいよいよ狸御殿の本番。
自分は侍狸の一員として呼ばれました。

侍だけで30〜40人はいたかしら。BQMAPの役者さんもいらしてました。

映像のお仕事はとにかく待ち時間との戦いなので、
なるべく体力を温存するようにじっとしてすごしてましたが、
早朝スタジオ入りして、予定が終わったころにはもう夜。
さすがに疲れたなあ〜。

そうそう、今日は初めて生・鈴木清順監督見ましたよ。
かなりのお年ですが、いやいや全然現役でいらっしゃいますよ。
子役に演出つけてるときの楽しそうな表情が印象的でした。

あと、生・チャン・ツィイーさんも間近ではじめて見ましたよ。
あーーかわいいっすねえ。若いころの長山洋子さん似ですかね。
お姫さま役のチャンさんのまわりで、
お姫さまのことをお喜びしてワイワイやるシーンがあったのですが、
心底顔がほころびましたね。

あと、先日の報告で「狸っぽいな〜」と一番感じた(失礼)原金太郎さんと
踊りのシーンで組むことになり、いろいろお話させていただきました。
動きの多いシーンなので、原さんは大汗かいておられました…。

なんか現場レポートみたいになってしまいましたが、
こんな感じで初映画の現場初日は楽しく終わったのでした。
もちろん、狸での出番はまだまだありますよ。

2004/5/21

実はちょっと前に財布を紛失、いやおそらく盗難にあいました。
いや、本当にもう1日2日は立ち直れないほどにショックでしたよ。
現金は少なかったけど、他にいろいろ大事なものが入っていましたので。

万が一犯人がこのページ調べてたりしてたらいやだなと思って
ここには書くの控えてたんですけど、もういいや。
最近事後処理がやっと終わったところです。本当に無駄な時間だったよ…。
今からでも、何でもいいのでお願いだから返してほしいです。

そういや先月「ひったくり注意」の画像とかノンキにアップしてたのを思い出しました。
貼りたくなる気持ち、わかりました。

しかし、今月は本当になくしものが多いですよ。グローブ、筆記具、傘…。
もし事前に今月の運勢で「なくしものに気をつけて!」って知っていたなら、
その占いにハマッてしまったかもしれないくらい。
もちろんなかったですけどね。占いなんてそんなもん。
山羊座・A型のみなさん、(もうすぐ終わりだけど)今月は注意してくださいね〜。

で、そのことを実家の両親に話したら、哀れな息子を不憫に思ったのか、
いろいろと品物を送ってきてくれました。

その中にはなぜかたくさんのウイスキーが。
それはよいのですが、なんだか昔みたようなラベルだなーと思い、よく見てみると…。

■

どうしてもピントが合わなくてすみません。
まるい紙、プレゼントの応募方法なんですけど、応募期間のところ

「期間:昭和48年9月1日〜12月31日」

つーか30年前のウイスキーなんかよく残してたなっつーかよく送ってきたなっつーかお母さーーん!
いったい何にツッコんだらいいのかわからなくなりながら写真撮りました。

このプレゼント(結局何が当たるのかはわかりませんでした)やってる時は自分もまだ1歳か…。
このページをご覧になってる方、まだ生まれてなかった方も多いのでは?
ウイスキーだからぜんぜん平気だとは思うのですが、いまさら飲むに飲めないよなー。

かくして変なモノの多い私の家にまたひとつ変なモノが増えたのでした。

2004/5/19

声の仕事に行く途中、電車でこんな中吊りを発見。

■

週刊誌のパロディ(たぶん新潮)なのでしょうが、一瞬本当にこんな雑誌あるんだと思いましたよ。
画像では見づらいと思いますが、細部にわたって制作者のこだわりが見られる、
いい意味でくだらない広告だなーと思い、思わず撮ってしまいました。
こういうのはとても好きだ。

そんな中、ちょっと離れたところで大騒ぎしている子供が。
心が狭くて恐縮ですが、自分はそういうのがあまり得意ではなくて、
ついつい眉をひそめてしまうのです。

その子供は、おばあちゃんと遊びに行くのが相当楽しみだったらしく、
駅に着くたびに寡黙なおばあちゃんに「次上野?次上野?」と問いかけていました。
オイオイまだ西武線だよと思いながら見ていると、だんだんテンションがヒートアップ。

最後のほうは「高田馬場?タカダモカナ?タカ○×△??」
なんだかわかりません。
自分たちには他愛もない高田馬場手前の高架からの景色にまで、
「たっけぇぇー!たっけぇぇー!」と、まるで初めて山登りした人のような興奮ぶり…。

普段は迷惑に感じる大騒ぎも、あるレベルを越えると、見てておかしくなってしまうのはなぜでしょう。
気がつけば自分含め、他のお客さんもみんな笑っていました。
下車するとき、おばあちゃんに「みんなにごめんなさいは?」とシブく諭された子供は、
「ごめんな■◎▼!!」と、やはりなんだかわからない言葉を言い残し、ホームを駆けていきました。

ああ、今日天気もってくれたらなあと思いました。

2004/5/15

そんなわけで今日は「オペレッタ狸御殿」の撮影前のレッスン日。

一緒に出演する前田剛くん、九里美保さん、福森加織さん、辻良江ちゃん、
BQMAPの栂村年宣くんたちと待ち合わせて現場へ。

なんせ御殿のシーンですから、たくさん人集まってましたよ。何十人いただろうか…。
見た目いかにも狸っぽいな〜と思える方もチラホラ…そんな中、振り付け開始。

とにかく楽しくやることだな、と思い、楽しげに踊ってみました。
正直、これならついていけるかも…と思いました。よかったよかった。実際楽しかったし。
本番もこんな感じでいければいいなと思ったのでした。

予想より早く終わったので、みんなでマッタリお茶などして帰りました。
朝早かったこともあり、さすがにちょっと疲れました。
自分はじめ、30代のみなさんは筋肉痛に注意です。

明日は監督御前でのレッスンらしい。ちょっと緊張。

2004/5/14

あのですね、本当に最近、なんだか時が経つのが早く感じるのですよ。
1週間があっという間に過ぎてしまう。週イチペースの更新、自分的にはとっても不満!
半ば逆ギレぎみに今日は書いています。

昨日は、岸潤一郎くんが参加しているカサブタンドールを観劇に阿佐ヶ谷アルスノーヴァへ。
岸くんは相変わらず精力的に舞台をやっている…。
彼の作演出の作品「ドラいもん」、相変わらずの岸くんワールドだった…。
出演者全員がハチャメチャな感じで、ああ、なんか原点に帰ってていいなあと思いました。

最近の彼の作品見てると、だんだんうまい感じになっていて、もちろんいいことなんだけど、
それはそれでちょっと寂しい気がしていたので。
こんなこと言ってると怒られるかもしれませんが…。
次の「GUNMA」も楽しみだ。

しかし、かなり埃っぽかったなアルスノーヴァ。年輪を感じさせる小屋だった…。

今日は、辻良江ちゃんとともに日ごろお世話になってるCMディレクターさんのもとで
ナレーションのレッスン。
今日もまたありがたいダメ出しの連続。レッスンなので失敗してもいい場だとは思いますが、
それにしたってもちっと成長しろや!とだんだん自分に苛立ったりもする。
過去ログ見ると、去年の今頃にもレッスン受けていて、同じようなこと書いてる。
うーん。これってどうよ。どうなのよ?

逆に良江ちゃんはいい感じになってきてるな〜。
彼女がナレーションしているユニクロのTVCMがオンエア中です。早く見てみたい。

さて、明日からいよいよ狸御殿のレッスンが始まります。
現時点でまったくもって予想のつかない状況です。
盛り上がってるか凹んでるか、明日以降の更新をお楽しみに!

それでは、おやすみなさい!

2004/5/8

今日はNHKラジオドラマ「赤と黒」の収録のため、NHKへ。
そうです、初めてラジオドラマの仕事が来たのでございます。

NHKの中に入るのは久しぶり。
といっても役者として来たのではなく、
エンジニア時代にBSデジタル放送開始直前の接続実験で訪れて以来。
そのときにはすでに退職することを決めていたので、
「いつか役者としてまた来れればいいなあ」と思っていました。
思ってみるもんやなー。まあ、まだまだ通過点です。

それはさておき、役柄もまったくやったことない「伯爵」の役なので、
(いつものように)最初は緊張でちょっと浮き足立ってしまっていました。
棒読みか!?俺、棒読みになってるかああ!?
っていう感じでしたよ。どんな仕上がりになっているだろうか…。

明日も収録です。オンエア日時に関してはまた改めてアップしますが、7月ごろの予定です。
いくつかの話に、ちょこちょこ出てる感じですので、お聞き逃しなく!

それが終わったら、来週から映画「オペレッタ狸御殿」の収録前のレッスンが待っています。
オペレッタなので、歌とか踊りがあるわけです。
どんなもんになるか、まだ見当もつかないですよ。「狸」で、「オペレッタ」だから。
お話自体は昔からあるもので、何度か映画化もされてるらしいんですけどね。
台本読みましたが、楽しい作品になりそう。
映画も初めてなので、不安半分、楽しみ半分なのです。

2004/5/2

本日は、プチ植物の会(わかりやすく言うと事務所関係で仲良い人の集まり)ということで
湘南・葉山への日帰り旅行に参加。野中希さん(お酒先輩)、椙本滋さんなどがご一緒でした。

ちなみに以前、ここで「やっぱりお酒って太るものなのですか?お酒先輩!」と書いたのは、
決して先輩が太っているからということではないということを、この場を借りてお伝えしておきます。

おとといはチャルとの運動、昨日は殺陣の稽古とダンスの稽古ですでに体は筋肉痛…。
そんな体を引きずり、早朝新宿に集合し、江ノ島へ。

が、しかし!われわれはGWというものを相当甘くみていたようです…。
江ノ島に入るともう、

■

人!(江ノ島神社への途中)

■

人!(休憩所)

■

人の列…(帰りの船の待ち行列)。
どこにいっても行列、行列。
ぎゅうぎゅうの江ノ電に乗り、鎌倉へ移動。
またしても、

■

人!(入場制限中の江ノ電鎌倉駅)

■

人!(見えにくいですが奥のビル沿い、江ノ電待ちの行列がずっと続いている)
そりゃーそうだよな…。
時間があるので鎌倉でも歩こうかとという計画も、
これじゃどうしようもないということで、断念してそのまま逗子へ。

今回の日帰り旅行の大きな目的のひとつが、逗子・葉山で開催中の、
昨夏に朗読「砂の城」でお世話になった写真家の宮司信吾さんや、
プロデューサーの平井壮輔さんが参加されている葉山芸術祭

まずは宮司さん宅を開放しての「ガラスと陶芸と写真展」へ。
そして奥さんの早苗さんはガラス細工家(肩書きわかりませんでしたすんません)なのです。
ご自宅でご夫婦の作品を展示。すなわち、家がそのままギャラリーになっているのです。
というか、そうなるように設計されたのでしょう…素敵にマッチしておりました。

そのあと、夜は平井さん宅での「Open Cafe Live」へ。
スライドショーと、音楽とダンスのセッションライブです。
何がすごいって、これまた自宅を開放し、
庭にステージ、しかもスライド(ダンス)用と音楽用の2つを設置。
歌、楽器、映像、ダンス、いろんなジャンルを融合させてひとつの作品を作るという試みは、
なんでかわからないけど見ていてとってもうれしくなるというか、気持ちよくなりますよ。

宮司さんも平井さんも、自宅で作品を発表されているわけで、
つまりは普段の生活の場から作品の世界を作られているわけで、
きっとこれって理想の形なんだろうなあと思いました。

で、みなさんお互いにジャンルを越えて企画面でも作品面でも手助けしあっているのが、
改めてうらやましく思ったのでした。

いやでも、昨夏は自分も参加したのですよ。
今夏も何かやるかもしれません。そのときはまたこの場でご報告いたしますー。

しかし葉山って、こんなに芸術に盛んな地域だとは知りませんでした。
というか、芸術家の方々を呼び寄せるよさがあるんでしょうねえ。

最後は逗子の某飲み屋で締め。
最後に盛り上がってたのはーなんでしたっけ?もげるさんの名前に「ア段」が入ってないって話でしたっけ?
終電逃しちまいましたよ!

2004/4/30

巷はGWですねえ。

井之上チャル氏の「バスケットボール買ってんけどバスケせえへん?」
の誘いからはじまって、某公園にて運動の集いに参加。
合計7人の暇人いや、演劇人が集まったのでした。

意気込みも高らかに臨むも、一番最初の3on3でバテバテになったなあ〜。
前の日仕事でちょっと寝不足だったということもあって、
完全に息があがってしまう。いや、寝不足は言い訳やな…。

バスケのあとは、ドッジボール→鬼ごっこと、
少しずつ負担の少ないものへとシフト…。
なぜか古今東西とかシリトリもやってたなー。運動か!?これは。
とも思えなくもないですが、外の空気を吸いながら楽しめたのだからいいのです。

最後のほうは、ネタも尽き、体力も尽きで、飲み屋へGo!
飲み会では、次回の運動の集いの話と、芝居しようや、という話で盛り上がり、
さすがに疲労度満点だったので早めに解散。
チャル氏はいつものように眠りの世界に陥る寸前でした。
みんな翌日は筋肉痛で苦しんだやろうなー。

しかし、見てて思ったけど、子供ってすごい…。
あのころはどんだけ長い時間遊びまわってても飽きなかったし、体力も有り余ってたし。
「遊ぶのが仕事」とはよく言ったもんだと思う。

2004/4/23

今日、サッカリンサーカスをまた観劇。

初日観たときにみんなに「もう一回来るわ」と口走ってしまったので、観ないわけにはいくまい。
でも同じ芝居を二度観るというのは、当たり前だけどめったにないことなので、ちょっと恥ずかしい。
でもやはり今まで何度も客演したところだし、所属劇団を持たない自分にとっては、
彼らのことは団員のように特に気になってしまうのです。

初日から1週間経っただけのことはあり、さすがに役者さんには余裕が感じられたと思います。
いろいろ思うところはあれど、とにかく元気が出ててよかったんじゃないかなあ?

お客さんの入りもここに来て上々のようで、よかったよかった。
日曜の千秋楽まで、立派につとめあげてほしいものです。

終演後、以前サッカリンでご一緒した大津正貴くんとか稲垣俊平くんたちに会う。
これはよくある光景。それぞれの近況を報告しあったりする。

しかし舞台って大小かかわらず、公演打つのって本当に大変だと思う。
もちろん好きでやってることとはいえ、しばらく離れてみて、
お客さんとしていろんな人のを観てると本当にそう思う。
内容の良し悪しに関わらず、「なんでわざわざこんなことしてるんだろ」って、
少し冷めた気持ちになることがときどきある。

逆に「舞台の何が魅力なんですか?」って質問されて答えに窮することがよくある。
自分でもよくわからないっすよ。でも事実として、10年以上も続けてる自分自身がいたりする。

ときどきありがたくも舞台のお誘いをいただいたりもするのですけど、スケジュールとか、
他にもやりたいことがあったりして、おそらく今年は舞台に立つ機会は少なさそう。
でも情熱は失っておりません。わざわざここで宣言することでもないですけど。

とか言ってて突然予定が入ってたりするかもしれません…が、そのときはよろしくお願いいたします。

2004/4/22

歯の治療中のため禁酒中というのは以前書いたとおりです。
完治はまだですが、痛みもほとんどおさまってきたので、
本当は少しずつ解禁してもいいんでしょうけど、なんとなく続けていたりします。

で、禁酒をはじめたあたりから体重が微妙に減ってきたのですね。
公称は63か62kgとなっているのですが、最近60kgをきるようになりました。
60kgきるのは高校生の時以来。ちょっと、自分でもびっくりしました。

別に健康を害しているわけではないし、食事のペースは変わらないし、
やっぱりお酒って太るものなのですか?お酒先輩!

昔は「顔デカ」だの「尻デカ」だの言われていたのに、
「小顔ですね」って言われる日が来るとは夢にも思わんかったですよ。

体が軽くなるのはいいことですが、さすがにここまでくると微妙な感じです。
とか書くとダイエット中の人に怒られますね。
でも、その分筋肉とかが減ってしまっては意味がないですから。
体調管理だけはしっかりしないとですよ。

まあ、自分ももうバリバリ30代だし、体も徐々に変わってくるのはありうることでしょう。
父親のすごいビール腹を思えば、優秀なもんだとは思う…。

2004/4/21

今日は声のお仕事のあと、陰山泰さん主催の朗読の稽古でした。

一応AFSの流れではありますが、それぞれ知ってる範囲の役者さんにも声をかけて、
朗読を中心としたワークショップのようなものでしょうか。
まあ、呼び方などは何でもよいのです。

とりあえずみんな読みたいものを持ち寄ったのですが、
今日読んだのは「輪舞(ロンド)」という作品。
基本的に男女2人のシーンがいくつもつながっているのですが、
片方のキャラが次のシーンにも登場し、それが順番に繰り返されていき、
最後は最初出てたキャラがまた登場するという、だから輪舞。

最初はどうなんだろう?という感じだったのですが、
読んでみるとなかなかに面白いもので、今日はほとんどずっとそれを読むという形になりました。

やっぱり人の前で何か読む、演技するというのが何より刺激になりますよ。
自分自身的には、相変わらずいろいろアーウーと思うところがあるのですが、
それくらいの方が次回への気構えが変わってきてよいんじゃないかなあと。
次回もぜひ参加したい!

そういうわけで、なかなかに充実した一日でした。

2004/4/19

ちょっと前に、散歩していたときに見つけたものなのですが。

■

近所でひったくりが出たらしく、張り紙がしてありました。
しかしひいてみると…。

■

別角度から…。

■

さらにひいてみると…。

■

よっぽど腹が立ったのだろうなあ。
みなさんもご注意ください…。

2004/4/17

今日は暑かったですね…。

久々にダンスレッスンに行くと、九里美保さんが初参加していました。
実はお互いに近々ダンスが必要になってきそうなのです。
何に必要なのか、そのうちご報告できると思います。
しかし、自分は本当にがんばらないとなー。うーん。

そのあと、自分の学生劇団や走ればばあの群れ時代の先輩でもある
村田知樹氏(ライター)に誘われ、某公園にお花見に。
もちろん花なんて咲いてなかったですけどね。でもまわりには結構集まって飲んでる人いたなー。

村田氏の仕事の知り合いの方々が中心だったので、ほとんど初対面な中、
久々に乾貴美子さんや、ハイレグの岸潤一郎氏、あと自分がハイレグに客演したときにご一緒した
リン・ホブディさんに会う(岸くんはそんなに久々でもないか)。
そして岸くんが5月に作・演出する瘡蓋人形(カサブタンドール)に
参加される役者さんなども集まっていて、なかなか新鮮な飲み会でありました。
カサブタンドールは本当に楽しみだ。

で、例によって自分は禁酒中のためウーロン茶や水とか飲んでました。
さすがにこれは味気なかったですよ。
うーん、いつまで禁酒せなあかんのだろう…。

昼間は暑かったとはいえ、夜はさすがにまだ冷えますね。
これ以上体調崩さんように気をつけないとな…。

2004/4/16

今日は新宿サンモールスタジオにてサッカリンサーカスの「南国熱帯蝶々挽歌」を観劇。

客席でハイレグの小林一英さんに会う。小林さんは自分よりもはるか昔から、
早稲田の教室でやってたころからサッカリンを観ているのだそうだ。すごい…。
最近ハイレグの皆さんを舞台で拝見する機会がなかなかないのでさびしいなー。

ここにはもう4度客演しているので、客観的に観るのはなかなか難しいですね…。
初日とあって、やっぱりちょっと硬いのかなという気もしましたが、
今里真氏などは安定した芝居を見せてくれるな〜と感じました。

初日打ち上げでは、さすがにみんなお疲れ気味。
そうだよなー初日はいつもバタバタだもんな〜。お疲れ様です…。

南国の雰囲気の舞台はとてもいい感じ。明日以降、さらによくなっていくことでしょう。

今回サッカリンに客演されている役者さんの劇団(Rel-ay)の制作の高野しのぶさんから、
実は、東大時代の駒場の学生劇団に所属していていたということを知らされる。
自分はシアターレベルフォーというところにいて、彼女はBISHOPというところにいたのです。
ああ、書いててもなんだか恥ずかしい。

いまや、駒場時代に同時期に芝居してた方に遭遇すること自体珍しいのですが、
今も芝居にかかわっている人にはなかなか会わないのでかなり驚きました。
しかも、そのBISHOPが7月にザムザ阿佐ヶ谷で公演を打つという…。
いったい何年ぶりなんだ…。

駒場時代の同じ世代で今も芝居している人の噂は、実はチラホラ聞いてはいるのですが、
同じ現場になることはまずないし、観に行く機会もなかなかなかったのですね。
久しぶりに観に行ってみようかな…。

2004/4/15

昨日ですが、下北沢駅前劇場にて球団Z'sの「おひっこし」を観劇しました。

「贋作・桜の森の満開の下」でご一緒した東地宏樹さんや、
メトロポリスプロジェクト、AFSでご一緒した中嶌聡さんなど、
自分にとっての愛すべき先輩方が普段は草野球チームとして活動されている集団なのです。

やっぱり自分の好きな方が出てる舞台を観るのは楽しいもんです。
個人的には藤崎卓也さんのイッてしまいっぷりが面白かったな〜。

みなさんもちろん上手い方ばかりなんですが、
何よりみんな本当に気の合う仲間が集まってやってるんだなって
感じの朗らかさ?みたいなのが感じられて、素敵な舞台でした。

初日ということもあって、客席は知ってる顔が勢ぞろいでした。
ここまで関係者だらけなのも正直微妙…という気もしないでもないですが、
かくいう自分もその一人なわけですし。うーん。

初日打ち上げに参加したものの(歯の治療中なのでノンアルコール)、
知り合いたくさんいすぎて逆にしゃべる暇もないほど。
役者が多いからか、テンションが異様に高い打ち上げでした。

考えてみればほとんどの方が、ここ1年前後で知り合った方々ばかり。
環境が変わって付き合いの範囲も変わったのだな〜とつくづく感じたのでした。

18日までやってます。興味のある方はぜひどうぞ。

歯の方はだいぶ落ち着いてきました。でもまだ口が右半分しか使えないのは不便だな〜。
あと、硬いものとか熱い汁ものとかが満足に食べられないため、
食生活にかなり制限が出ていて悲しいのです。お酒を控えるのは別に苦じゃないんですけどね。
早く完治させたいものです。

2004/4/14

最近、わけあってMACをいじる機会が増えております。
で、いまOS X serverをインストールしようとしているわけなのですが、
これがままならない…!

今どきはもう、OSのインストールといえば、
いくつか設定をしてあとはCD-ROMからヒュヒュヒュンーッと読み込んでおしまい、
てなもんなんですが、これがインストール中にいろんなところでフリーズしてしまう…!

UNIXの類みたいに、コマンドラインから自分で入力して、
順番にインストールしていくようなやつなら原因の追いようもあるのでしょうが、
自動的にやってくれるものが自動的に止まってしまっては、対処のしようもありません。
付け焼刃の知識ではだめか、やはり勉強が足りないのか…。

インストール中、時間がかかるからほかのことしよう、と思ってちょっと目を離したら、
いつの間にかうんともすんとも言わなくなっているのです。

わーかったよ、ほったらかしにして悪かったよと、
インストール中マウスいじりながらずっと見ていることにしたら(むなしい時間だけど)…
あっさり成功しました。

…愛情の問題なのか!!??

2004/4/13

歯痛になってしまいました。
虫歯というわけではなく、虫歯の治療の後に、歯根の部分に膿がもともとたまっていたらしく、
それが体調の変化とかの影響でふくらんできて、炎症を起こしてしまったのだそうです。

これが痛いのなんの…!!
完全に内部の炎症なので、直接何かがしみるというよりも、
あごのあたりが中から圧迫されてる感覚があってこの疼きが痛い…!
歯痛というより、もはや頭痛。いや、顔痛といったほうが合ってる。
あの「疼き」っていう独特の痛み、本当につらいですわ。

さらに、そういうときはアルコールはご法度だと言われていたにもかかわらず、
少しならいいかと思って飲んでしまったのがいけませんでした。
次の日やたらに血行がよくなってしまった結果、炎症も強まり、痛み止めも効かなくなり、
一日中、波のように押し寄せるイヤ〜〜!!ってな感じの痛みでフラフラになっていました…。

本当に、お医者さんのいうことは聞かねばなりません。
いったい今まで何度この言葉を自分に言い聞かせたことでしょう。

今は、おかげさまでだいぶ快復してきました。
ほんと、歯痛は馬鹿にできませんよ。風邪ひいたときより何もできなくなりますよ。
月並みですが、健康であることは本当にすばらしいことだ…。

しっかし、俺ヘタレすぎ。
子供のころのほうが我慢強かった気がするのは、決して気のせいではあるまいよ。

2004/4/7

先日、サッカリンサーカスの稽古場にお邪魔してきました。

4/16からの「南国熱帯蝶々挽歌」の公演を控え、
稽古もかなり熱が入ってきている…反面、いつものようにどことなくノンビリした雰囲気でした。

今回は、自分が客演した「オクスリオペラ」に比べて、役者の年齢層がやや低い印象。
というか、この中に自分がいたら確実に浮きまくっただろうな…と思う。
そんな中、今回客演している激弾スペースノイドの魚住和伸くんと甲斐大介くんが、
なんだか野生児じみた雰囲気でもって稽古場を盛り上げていました。
まだ20歳になったばかりであろう女の子たちに、とても楽しそうにセクハラしていました。

あと、今回主役を担っている酒井和哉くんと内藤綾子ちゃん、
プレッシャーなのかしら、いつもより少しばかり無口な感じでした。
わかるわかるよ、本番も間近になってきてそろそろ煮詰まってくる時期でもあるだろうし。
プレッシャーに負けずがんばってくれ!と(心の中で)励ます自分なのでした。

全体的にちょっと疲れが見えているのかな?とも思いましたが、
きっと本番はすばらしいものが見られることでしょう。

4/16〜25まで、新宿サンモールスタジオにてやってます。
興味のある方はぜひ劇場に足をお運びください。

2004/4/6

ああ〜またしても更新が滞ってしまいました…。

シアターガイドの5月号の「わたしの今月」、もう読んだ方いらっしゃいますか?
先日のトレランスでの舞台写真を載せたのですが、
照明の具合で頭がスキンヘッド状態で写っておりました。
なんだか自分がアングラの役者さんのように見えた…。
ちなみに同じ列に本物のアングラの役者さんが載っていて、
なんだか気恥ずかしい感じだ…。

春ということで、お花見にもちょくちょく参加したりしています。
こないだは、トレランスでご一緒した井之上チャル氏主催での花見を開催。
といっても、チャル氏、姫野惠二さん、自分など数人でのこぢんまりとしたものでしたが…。
チャル氏の自宅の近所のお花見スポットにて、夜桜を堪能しながらの宴会!

話した内容は…くだらないことから、とてもインターネットでは書けないようなことまで、
なんだか自分もいつもよりテンションが上がっていたような気がします。
そして夜風のワインで相当酔っ払ってしまいました。
帰り道は相当フラフラになっていて、生まれて初めて、
帰りの電車で眠りこけて終点を折り返してしまった…。

外でのお酒は本当に注意しないと…と、反省したのでした。
そうそう、先日ついにMyPCを新調しましたー。VAIOノートでございます。

VAIO

前のPCはかれこれ6、7年使っていたのでスペック的にも相当ストレスを感じていたのですが、
これでまた更新が頻繁になるかも!ならないかも!


ページの先頭へ戻る現在のBlogへ

禁無断転載
Copyright (c) 2003-2006 Akira Matsushita. All Rights Reserved. ( mattsun@da2.so-net.ne.jp )