Written in Japanese/Japanese fonts required to view this site.

現在のBlogへ

■ 近況報告(2005年9〜10月)

2005/10/31

帰省も終わりまして、週末はまたいろいろ観劇を。
ほりすみこちゃんご出演のPLAYMATE「フェイスインフェイス」、
あれだけの長台詞をちゃんと聞かせることができる役者さんに感服。

陰山さん朗読つながりの市川大くんご出演の楽天舞隊、
殺陣やカンフーなどのアクションに感服。あれを毎日ライブでやっているのだからすごい。

小松君和くんご出演の神様プロデュース、
ネタの馬鹿馬鹿しさに感服。小松さんのホワイティなメイクはちょっと怖かったけど。

やっぱり、体の動く役者さんは見ていてうらやましいです。
バク転とか。もちろん一度もできたことありません、というか試みたこともありません。
なので、ただうらやましがってるだけなんですけどね…。

2005/10/21

今日も観劇してきました。

ひとつは浅草ギャラリーエフでのat first sightの「シカク」。
陰山泰さん、小田豊さんがご出演。

実際に観たのはゲネプロ(リハーサル)だったのですが。
おかげでダブルキャストの両方、福森加織さん出演バージョンと、
水谷理砂ちゃん出演バージョンの両方見ることができました。

蔵を改造したというとても雰囲気のある空間での雰囲気のあるお芝居でした。
23日までやってますので興味のある方は是非。

夜は大塚萬スタジオでククルカン「グリニッジ」を観劇。
こちらも緊張感があってよい感じでした。
24日までやっていますので、こちらも興味のある方は是非。

今週末から、私用でしばらく帰省する予定です。

2005/10/20

昨日は下北沢スズナリにてにんじんボーン「だんなさまと私」を観劇。

中嶌聡さんと、「ノーセンス」でご一緒した戸谷昌弘さんがご出演。
大好きな先輩たちが出演されているので、これは是が非でも観たかったのです。

芝居のちょうど中盤ごろに、地震が…!結構でかかったですね。
本番中、観劇中の地震は何度か経験しましたが、
今までで一番大きい部類かもしれません。

劇場にはたくさんの照明機材が吊ってありますので、緊張が走ります。
とくにスズナリは古いし(^^;

震度3なので舞台上の役者さんもさすがに気づいていたと思いますが、
変わらずお芝居を続けていました。

役者さんの集中はそう簡単には切れないと思うけど、
お客さんのことを考えると、いったん芝居をとめていいものかどうか、
迷うところだったのではないかなあと想像しています。

アドリブが許されるような舞台やシーンだとよかったんですけど、
ちょっとそういう感じではなかったので役者さんには気の毒でしたが、
そんなハプニングも忘れるほど、面白かったです。
23日まで下北沢スズナリでやっています。

地震、本当に多いですね。

2005/10/12

舞台が終わってちょっとの間お休み…しているわけではなく、
舞台の間ちょっと手付かずになっていたことなどをいろいろ順番にこなしている日々です。

月曜には清水宗史くんご出演のX-QUEST「イヌのちから」を観劇。
ダンスと殺陣満載のエンタテイメント舞台でした。
あれだけエネルギッシュに2時間演じ続けられるのは本当にすごいなと思いました。

と同時に、自分が演じることを思えば、観るのはなんて、なんてお気楽なんだろう…。
と、毎回思うことを今回も思ったのでした。

2005/10/5

MCR「LIFE IN BOX」、公演が無事終了いたしました。



まずは、劇場に足をお運びいただきました皆様!この場を借りてお礼申し上げます。
おかげさまで、大盛況でした。
たくさんのお客さんの前でお芝居できるのは、緊張するけどうれしいものです。
本当に、ありがとうございました!

今回、ほぼすべての出演者が初めてご一緒という舞台だったのですが、
夏のワークショップ(あと海旅行とか)以降、
長い時間をかけて非常に充実した時間を過ごさせていただきました。

主宰の櫻井智也さんの強力なリーダーシップとそこに結集した個性的な役者さんたち。
そして、ゲスト・2丁拳銃小堀さんの存在感。

そんな中で自分は客演としてどれほどの役割を果たせたのかはわかりませんが、
お客さんの反応を見るにつけ、この公演についての何がしかの手ごたえは確かに感じました。
この公演に参加できたことを誇りに思うとともに、
お世話になった関係者のみなさんにも心から感謝したいと思います。

      *      *      *

打ち上げの翌日から伊豆に打ち上げ旅行へ。
噂には聞いていたけど、すごかったです打ち上げ旅行。
とりあえずは江見昭嘉くんの雄姿を。

※危険ですのでマネはしないでください



まあ、このあとも伊豆原人が出没したりとかいろいろあったわけですけど、
詳細は劇団のHPに(たぶん)載っていると思うのでそちらを参照してください。

      *      *      *

今回の公演に、何度か臨時講師をした小学校の演劇クラブの顧問の先生
(6月ごろの近況報告参照)が観に来てくれました。

子供に見せるには内容的に若干大人向けなので、
さすがに観に来てもらうわけにはいかなかったのですが、
代わりに子供たちが書いてくれた色紙をもらいました。



これは、ちょっと本当にうれしかったです。


さて、今後の舞台等の予定は未定ですが、
もし何か決まったらまたこの場でご案内させていただきます。
それでは!!

2005/10/1

初日が無事あけました!

初日打ち上げから帰りました…。
明日、あさってと2日、いずれも2ステージ。
ここからあっという間なんだろうなあ。がんばります。

とくに月曜の昼公演がお席に余裕があるようです。
是非是非いらしてくださいませ!

2005/9/28

あっという間に稽古の最終日です。
いつも思うことですが、長かった気もするし短かった気もするし。

お芝居の方は大変面白い具合にできてきてます。
いずれにしても本番はすぐそこです、よりよいものに出来るよう
もうひと頑張りふた頑張りせねばならぬと思っております。

明日は劇場入り。久々の劇場。久々のモリエール。
舞台に上がれる幸せをかみしめたいと思います。

土日あたりのチケットがそろそろ満席になりつつあるようですので、
ご予約はお早めに!

2005/9/22

ニュースによると、以前いた会社が大々的なリストラをするらしい。
そして、自分のいたセクションも業績不振の一因として挙げられている。

辞めて何年も経ったとしても、やっぱり気になってしまうものです。
簡単なことじゃないだろうけど、がんばってほしいと思う。

(それが仕事とはいえ)「技術力の低下」とかいうような、
自分からすればとても乱暴な言葉でコメントする評論家連中を見返すくらいに。

稽古の方は粛々と進んでいます。

今回は、劇団のみなさんに大いに甘えさせてもらって、
とにかく楽しめればよい、
本番を楽しく過ごすための準備として稽古している、
という感覚でやらせていただいてます。

実際本番を迎えたらどうなっちゃうのかは、むろん迎えてみないとわかりませんが、
とりあえずは今回の現場にめぐり合えたことに感謝したいと思っています。

2005/9/16

稽古が休みの日でないと、なかなか書けないですね。

風が急激に秋っぽい涼しさになってきました。
一番好きなのはやっぱり夏だけど、
この時期の適度にひんやりした感じの風も嫌いではないです。

今日のラジオCMの収録も無事終了。
9月あたりはカキイレドキなので頑張りたいと思います。

稽古もあって最近喉が疲れぎみかしらと思ったので、
今のうちにとお医者さんで喉チェック。特に問題なく終了。

気がつけば本番2週間前ですよ。
休めるときはしっかり休んで、セリフもしっかり入れたりなんかして、
調整していかねばなあと思うのです。

2005/9/11

今日は稽古はお休み。ということで、
稲垣俊平くん主宰の劇団志村の公演を観に新宿パンプルムスへ。

…と思ったら、またいつぞやの台風のときのような大雨&雷が!
間が悪いというかなんというか…でも行かないわけにはいかないと思い、
ずぶ濡れになりながら劇場に行きました。

志村の公演を観るのはかなり久しぶり。
全体の構成とか、映像とかも含めて、しばらく観ないうちに、
ずいぶんレベルアップしたものだなあと思いました。
稲垣くんも、主宰として頑張ってるなあと思う一人なのです。
どうか激務で体調を崩さないようにしてほしいと思います。

そのあと、少しジムで体を動かし、帰宅して選挙の結果なんか見てるうちに、
爆睡してしまいました。まあ、それなりに疲れは溜まっているのです。

※私信:このサイトをご覧になっていてDMなどご希望の方、
mattsun@da2.so-net.ne.jpこちらまでご連絡くだされば、
郵送・メールなどでお送りさせていただきます。

2005/9/10

稽古の方はエチュード中心の稽古から、いよいよ台本中心の稽古に移りつつあります。

エチュードはどうにも苦手だからうぬぬ〜という感じでしたが、
曲者ぞろいのMCRメンバー&客演さんの空気を感じるためには、
とても貴重で贅沢な時間でした。

そういえば、まったく歯が立たなかった稽古前の「ドリルゲーム」も、
あまりの弱さに登校拒否寸前だったのですが、
一発逆転可能な点数システムの恩恵で、とりあえずは最下位を脱出できたのでした。

それにしても慣れるの遅い>自分!
同じく今回初客演の横山真弓ちゃんは稽古開始3日めあたりから、
なんかもう俺みたいな弱者狙い撃ち作戦を操っていたというのに。

ときにそんなふうに毒っ気を振りまいてる横山さんは、
実は昨年出た映画「オペレッタ狸御殿」の狸役として同じポジションで共演していたのでした。
ただ女性はおおむねこういう↓麿メイクだったので、

注:この写真は辻良江ちゃんです

誰が誰やらわかんなかったのですよね…。

7日には、2丁拳銃の小堀さんも超多忙な中をぬって稽古場に参加。
慣れないエチュード(人のことは言えませんが)に四苦八苦されている様もまた面白かったりします。

なんせ個性的なメンツがそろっていると思うので、
そんな中自分も存在感を出していけるよう、がんばりたいと思います。

2005/9/5

3日は、スズナリにてクレネリZEROファクトリー「なみだくじ」を観劇。
毎回足を運んでしまうのは、もちろん芝居も好みではあるのだけど、
本多真弓嬢が主宰として頑張っているのを、いつも風の便りに聞くからで、
そして、それが彼女の芝居からソコハカトナク伝わってくるからです。

…と書くと、いかにも身内っぽいし、
そこへきて「頑張っている」なんて書かれると本人は不本意かもしれないけれど、
でも、まあ、けなしているわけではないのだから、大目に見てください。
本当に偉いなと思っているのですから。

7日までやってるそうなので、しっかりした感じのお芝居が好みの方は、
是非足を運んでいただけたらと思います。

そして4日は大雨が!
「妙正寺川」「善福寺川」「下井草」馴染みの地名が全国的にクローズアップされた1日でした。

自分の家の周辺は、たまたま比較的高い場所にあったので被害には遭いませんでしたが、
近所の川沿い地域は結構大変なことになっていたようです…。

地震台風大雨(あと雷怖い)、いつ天災に見舞われるかわからないです。
東京だってまったくもって例外ではありません。
現在を大切に生きなければなあと、本気で思ったりしますよ、本当に。

2005/9/2

9月になりましたがまだまだ暑いですね…!

近況は相変わらず稽古の日々ですが、今日から少しばかり稽古はお休み。
昨日の飲み会では、「忌憚」を読めたので褒められました。

気がつけば本番まで1ヶ月を切っているのですねー。

「まだ」1ヶ月なのか、「もう」1ヶ月なのか?
だいたいいつも、「ちゃんとできてりゃ1ヶ月もいらないんだろうけど、
俺はできてないから1ヶ月だとマズイ」みたいな感覚に陥って、
焦りやエモイワレヌ不安が出てきてしまうのですね。

どうしたって直前になるとドキドキしてくるだろうし、今は落ち着いて日々をすごそう、
などと考えていたりします。

このページをご覧の皆様、是非是非劇場に足をお運びください。
チケット予約詳細につきましてはこちらなどをご参照ください!


ページの先頭へ戻る現在のBlogへ

禁無断転載
Copyright (c) 2003-2006 Akira Matsushita. All Rights Reserved. ( mattsun@da2.so-net.ne.jp )